【プロッターの価格相場】おすすめ機種6選の価格・スペック等を比較!

【プロッターの価格相場】おすすめ機種6選の価格・スペック等を比較!

事務機器

プロッターの価格比較とおすすめ6選

プロッター

出典:エプソン

 

プロッター・大判プリンターは、ポスターやのぼり、建築図面・設計図など、さまざまな用途・媒体に対して大型印字を行う際に活躍します。

しかし、いろいろなタイプのプロッター・大判プリンターが販売されており、印刷可能サイズやランニングコストの表記の有無も含めてメーカーによって様々で、性能はもちろんのこと、対応インク数も異なるなど、機器選定の難しい製品です。

こちらの記事では、プロッター・大判プリンターを選ぶ際に重要となる『5つのポイント』をベースに人気メーカーのおすすめ製品を紹介します。プロッター・大判プリンター導入の際の参考としてください。

なお、プロッター・大判プリンターの選定時に重要となる『5つのポイント』は以下の関連記事で詳しくご覧いただけます。

 

▼関連記事:【プロッターとは?】プロッターの機能と主な使われ方

【プロッターとは?】プロッターの機能と主な使われ方

一般的にプロッターとして認知されている「大判プリンター」をはじめ、元来プロッターと呼ばれていた機器についても理解できるように解説します。
cbsmiles.jp

 

【選び方】プロッター・大判プリンター5つのチェックポイント

まずは、プリンターの選び方について、簡単にお伝えします。プリンターを導入する際は、以下の5のポイントを意識することで、使用目的に合致した機器を導入することが可能です。事前に確認してみましょう。

■プリンターを選ぶ際に意識したい5つのポイント

  1. 用途
  2. 用紙サイズ
  3. 設置スペース
  4. ランニングコスト
  5. サポート(保守)体制

5つのポイントの詳細については以下の関連記事をご参照ください。

 

▼関連記事:【プロッターの選び方】5つのポイントとメーカー比較

【プロッターの選び方】5つのポイントとメーカー比較

プロッター・大判プリンターを選ぶ際に重要となる『5つのポイント』とメーカー別の特徴について紹介します。
cbsmiles.jp

【おすすめ6選】人気のプロッター・大判プリンター

大判プリンターは、主にキヤノン、エプソン、HPの3社が導入実績も高く、様々な機器を取り揃えています。また、3社とも大手メーカーだけにサポートパックなども充実しており、保守体制なども整っているため、導入を検討する際は絶対に外せないメーカーです。

ここからは大手3メーカーの製品より、人気が高く、おすすめの機種を6機種紹介していきます。

1、エプソン SC-P9550(PS)/CAD

プロッター

出典:EPSON

 

エプソンの誇る大判プリンター・プロッターの中でも12色刷りに対応した最高級モデルです。大判プリンターとしての需要が高いPOP印刷(垂れ幕)への対応はもちろん、より高精細な印字品質が求められるCAD印刷も可能です。

 

機種名 ・SC-P9550
・SC-P9550PS(PS対応機)
標準価格 ・SC-P9550=798,000円(税別)
・SC-P9550PS=948,000円(税別)
対応サイズ B0Plus 出力スピード 4.8分(※)
ランニングコスト 約343円(※) 保守料金 購入同時3年=180,000円~
本体サイズ 設置面積=1.27㎡
本体=1,909mm×667mm×1,218mm
 重量 約154kg

※プロフェッショナルフォトペーパー(薄手)/B0、きれい、600dpi×600dpi、双方向印刷オン。700mlインクカートリッジ使用時。

2、エプソン SC-T5150

SC-T5150_01

出典:エプソン

 

エプソンの数あるラインアップの中では、エントリーモデルとして位置づけられている「SC-T5150」は、小型・軽量・省スペ―スの大判プリンターです。CAD図面や簡易的なポスター印刷が可能なため、手軽に印刷をしたい環境ではおすすめです。

 

機種名 SC-T5150 標準価格 オープン価格
参考価格=238,000円(税別)(※1)
対応サイズ A0Plus 出力スピード ・ポスター(A0サイズ)=57秒(※2)
・CAD(A1ヨコ)=31秒(※2)
ランニングコスト ・ポスター(A0サイズ)=約119円(※2)
・CAD(A1ヨコ)=約8円(※2)
保守料金 購入同時3年=72,000円
本体サイズ 1,268mm×696mm×913mm  重量 46kg

※1:エプソンダイレクトでの販売価格
※普通紙ロール(厚手/薄手)/A0サイズ、速い、600dpi×600dpi、双方向印刷オン。 マットブラック80ml、シアン、マゼンタ、イエロー50mlインクカートリッジ使用時。

3、キヤノン TX-4100

 

大判プリンター

出典:キヤノン

 

高画質・高速プリントを可能にした6色一体型プリントヘッドを採用しており、現場でのニーズが高い機種です。B0対応機の中でも横幅がコンパクトな筐体設計であるため、スペースなども考慮した機種選定時には外せない1台です。

 

機種名 TX-4100 標準価格 628,000円(税別)
対応サイズ B0ノビ 出力スピード A1ヨコ=約18秒(※1)
ランニングコスト A0(CAD):普通紙/ロール紙(レベル5) 約11円
B0(ポスター):光沢紙/ロール紙(標準) 約219円
保守料金 キヤノンサービスパック(5年保守パック)=180,000円~(※2)
本体サイズ 1,593×766×1,168mm  重量 約114kg

※1:TX-3100での算出、普通紙/ロール紙(レベル5)、CAD出力測定サンプル図面を出力時。
※2:選択する保守内容(サービスパック)により金額は変わります。

4、キヤノン TA-30

 

プロッター

出典:Canon

 

機種名 TA-30 標準価格 オープン価格/実勢価格=約250,000円(税別)
対応サイズ A0ノビ 出力スピード A1タテ=約31秒(※)
ランニングコスト A0ポスター:約285円(※2)
A0CAD:約49円(※3)
保守料金 キヤノンサービスパック(5年保守パック)=75,000円~(※4)
本体サイズ 1,289x757x1,059mm  重量 約53kg

※1:TA-20での算出、A1縦サイズ、普通紙、図面(Cottage)、レベル5
※2 :ロール紙、光沢紙、きれい
※3:ロール紙、コート紙、標準
※4:選択する保守内容(サービスパック)により金額は変わります。

5、HP DesignJet Z9+PS B0モデル

 

HP DesignJet Z9+PS

出典:ヒューレットパッカード

 

トータルの生産性を大幅に向上させたヒューレットパッカード社のフラッグシップモデルです。9色の顔料インクを用いた製品で、高精細グラフィック向けには最適な一台です。

 

機種名 HP DesignJet Z9+PS B0モデル 標準価格 ダイレクト価格¥965,800(税込)~
対応サイズ B0 出力スピード A1サイズ写真データ(光沢紙)=標準 : 約 4.4 分
ランニングコスト ー(非公開) 保守料金 HP Care Pack ハードウェアオンサイト: 標準保証1年を含め5年=¥253,000~
本体サイズ 1,802 × 695 × 998mm  重量 98kg

6、HPDesignJet T650 A0モデル

HP DesignJet T650

出典:HP

 

オフィスでの使用を想定した業務空間にマッチする世界最小クラスのA0大判プリンターです。4色の染料インクを用いたモデルながら、発色などもよくA0ポスターから図面印刷まで幅広いニーズに応えてくれる1台です。

 

機種名 HPDesignJet T650 A0モデル 標準価格 ダイレクト価格305,800(税込)~
対応サイズ A0プラス 出力スピード A1カラー線画(高速エコノ)=約 25 秒
ランニングコスト ー(非公開) 保守料金 HP Care Packハードウェアオンサイト:標準保証1年を含め5年=¥114,400~
本体サイズ 1,317 × 605 × 932mm  重量 35.4kg

 

▼関連記事:A3までの印刷なら「おすすめ業務用プリンター」の特徴を比較!

プリンター

【おすすめ業務用プリンター7選】人気製品の特徴&おすすめポイントを比較

業務用プリンターで人気の高い製品をカテゴリーごとに1機種ずつ、合計7つをピックアップし、スペック・定価・おすすめポイント、ユーザーのクチコミ等をまとめました。オフィスにプリンターの導入を検討している方は、1つの指標として参考にしてみてください!
cbsmiles.jp

まとめ

今回の記事では、プロッター・大判プリンターの主要3メーカーから、おすすめの機種を6選ピックアップして、お伝えしました。

最後に、簡単にまとめます。

  • 国内で市販されているプロッター・大判プリンターの主要3メーカーは「エプソン」「キヤノン」「HP」で、シェアが高く導入実績も多い
  • 画質は搭載可能インクの多いエプソンが良く、ポスターなどグラフィックに向いている
  • 高精細・高画質な印字が求められるCAD印刷などは、キヤノンが得意としている
  • 幅広いニーズに応えられるようラインアップを多く取り揃えているのはHP
  • 保守網で秀でているのは業務用コピー機の導入実績が多いキヤノン
  • 本体の無償保証期間はHPが1年間となっており、5年間の保証も比較的安価
  • A0サイズ対応の大判プリンターはHPが世界最小の製品を有している