【会社設立の種類】4つの会社の特徴・違いを比較!

【会社設立の種類】4つの会社の特徴・違いを比較!

起業・開業まとめ

会社の種類

 

会社

 

会社の設立を検討する時に「株式会社」の一択になっていませんか?
実は、会社形態は以下の4種類あります。

  1. 株式会社
  2. 合同会社
  3. 合資会社
  4. 合名会社

 

なかでも、人気高い形態が「株式会社」と「合同会社」です。

あなたが設立する会社は、どの会社形態が適しているでしょうか?

本記事では4つの会社形態について、特徴や違い、それぞれのメリット・デメリットについて解説しています。是非、最後までご覧ください。

【会社設立の種類:4つの会社の特徴】現在設立できる会社形態は4種類!

4つの会社形態は、それぞれ性質に明確な違いがあります。

また、出資者や責任の範囲、設立費用などにも違いがあるので、下記の表でチェックしましょう。

 

株式会社 合同会社 合資会社 合名会社
会社分類 株式 持分 持分 持分
事業規模 大規模 小規模 小規模 小規模
資本金 1円~ 1円~ 規定なし 規定なし
出資者 1名以上 1名以上 2名以上 1名以上
出資者の名称 株主 社員 社員 社員
責任範囲 有限 有限 有限と無限 無限
社会的信用 高い 高まりつつある 低い 低い
最高意思決定機関 株主総会 社員の過半数 社員の過半数 社員の過半数
役員任期 取締役:10年間 無制限 無制限 無制限
設立登記 必要 必要 必要 必要
設立手続き 複雑 簡単 簡単 簡単
設立費用 約20万円~ 約6万円~ 約6万円~ 約6万円~
決算公告の義務 あり なし なし なし
上場 できる できない できない できない

 

重要な項目の一つとして「責任の範囲」が挙げられます。「有限責任」か「無限責任」では、倒産した際の抱えるリスクが段違いです。

冒頭でも説明しましたが、特に人気が高い会社形態は「株式会社」と「合同会社」で、規模に違いはありますが、どちらも有限責任のため、出資した範囲のみ責任を負います。

 

有限責任と無限責任について

○有限責任のポイント
会社倒産の際に債務があった場合、出資した金額の範囲を上限として責任を負います。
出資額が上限のため、出資者にはそれ以上の責任や支払い義務は生じません。

○無限責任とは
会社が倒産した際、たとえ出資額以上の債務があったとしても、無制限にそれを負わなければなりません。
会社の資産で債務を完済できなければ、個人の財産を売り払って弁済する必要があります。

 

▼こちらもおすすめ:【会社設立のメリット・デメリット】個人事業主についても同時解説!

会社設立

【会社設立のメリット・デメリット】個人事業主についても同時解説!

会社設立や個人事業主には、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?会社設立と個人事業主を比較しながら、それぞれのメリット・デメリットのポイントについて解説します。
cbsmiles.jp

1.【おすすめ】もっともポピュラーな「株式会社」

日本で設立される会社の8割が「株式会社」と言われるほど、日本では設立されることが最も多い会社形態です。

出資者(株主)と経営者(取締役)が分離していることが特徴で、「有限責任」のため、出資者は出資額の範囲のみ責任を負います。

また、株主は持っている株に比例して、その会社の所有権を得ることができます。

株主が開く「株主総会」で経営者が選任され、選ばれた人が取締役として会社の事業運営を行う仕組みです。

他の会社形態資と比べて、資金調達がしやすいことも人気の理由の一つでしょう。

 

株式会社のポイント

○メリット

  • 社会的な信用度が高い
  • 資金調達の幅が広い
  • 事業規模を拡大しやすい
  • 有限責任のため、比較的リスクが小さい

○デメリット

  • 運営に関する規定が多く、経営スピードが遅い
  • 設立費用が比較的高い

2.【おすすめ】最近注目されている「合同会社」

2006年の会社法に伴って生まれた、一番新しい会社形態です。

株式会社とは対照的で設立費用が安いこと、「出資者=経営者」であることが特徴でしょう。

この会社は株主総会も行われないため、会社の方針や意思決定までのスピードが早いことが魅力です。経営の自由さやスピード感が人気で、現在新しく設立される会社の20%以上が「合同会社」と言われています。

なお、こちらも「有限責任」となっているので、出資額以上の責任は負いません。

 

合同会社のポイント

○メリット

  • 会社の意思決定スピードが早い
  • 会社設立のハードルが低い
  • 有限責任のため、比較的リスクが小さい

○デメリット

  • 社員が減ると、資本金も減る
  • 株式会社よりも事業規模が小さい
  • 株式会社よりも信用は劣る

3.【リスクあり!】人によっては高リスクな「合資会社」

合資会社とは「有限責任」と「無限責任」の、最低2名以上で設立する会社です。

株式会社と比べると、設立費用が安価で手続きも簡単です。また、資本金も必要なく、決算公告の義務もありません。

会社設立までのスピード感が最大の特徴ですが、デメリットも大きいです。

たとえば、倒産した際に「有限責任」の社員は、出資した以上の責任は負いません。しかし「無限責任」の社員は、債権者に対して負債の全額を支払わなくてはなりません。

つまり、無限責任側は全財産を失う可能性があります。

このようなデメリットもあるため、現在は設立されにくい会社形態と言えるでしょう。

 

合資会社のポイント

○メリット

  • 設立手続きが簡単
  • 定款を自由に決められるため、経営の自由度が高い
  • 決算公告の義務がない

○デメリット

  • 2人以上で設立しなければならない
  • 無限責任である社員の負担が大きい
  • 事業規模が小さい
  • 社会的信用が低い

4.【リスクあり!】複数の個人事業主が集まった「合名会社」

合名会社とは、複数の個人事業主が共同経営することを目的とした会社です。

合同会社と同じく「出資者=経営者」であるため、出資者は会社業務も行います

出資者が持つ個々の資産が、そのまま会社の信用に繋がります。信頼できる仲間や、家族など限られた人物のみで構成させられる個人事業主に向いているでしょう。

合同会社と違う点は、社員全員が「無限責任」を負うことです。

つまり、社員全員が債権者に対して負債の全額を支払わなくてはなりません。

デメリットが非常に大きいため、こちらも現在は設立されにくい会社形態です。

 

合名会社のポイント

○メリット

  • 設立手続きが簡単
  • 定款を自由に決められるため、経営の自由度が高い
  • 決算公告の義務がない

○デメリット

  • 社員全員が無限責任のためリスクが大きい
  • 事業規模が小さい
  • 社会的信用が低い

【会社設立の種類:4つの会社の特徴】今は設立できない…「有限会社」

有限会社は、社会法が施行前の2006年までは設立できた会社形態で「簡易的な株式会社」とされていました。

当時の株式会社は、最低資本金1,000万円を用意しなくてはならなかったのですが、それに対し、有限会社の最低資本金は300万円でした。

社会法施行前の有限会社は、株式会社よりも設立ハードルが低かったのです。

他にも従業員は50名以下であったり、会社経営の決定権が社員にある等の違いもあります。

 

有限会社 株式会社
事業規模 小規模 大規模
最低資本金 300万円 1,000万円
社員数 50人まで 制限なし
社会的信用 低い 高い
最高意思決定機関 社員総会 株主総会
最低役員数 取締役1名 取締役3名
監査役1名
決算公告義務 なし あり

まとめ

今回は、現在設立できる4つの会社形態と、今は設立できない有限会社について説明しました。

最後に、記事の要点をまとめます。

  • 人気が高く、比較的リスクが低いのは「株式会社」と「合同会社」
  • 株式会社は社会的信用度が高く、事業拡大しやすい
  • 合同会社は事業規模は小さいが、意思決定スピードが早い
  • 「合資会社」と「合名会社」はメリットより、デメリットが大きい
  • 有限会社は現在、設立できない

以上です。

また、法人登記などのQ&Aは法務省のサイトにも記載されているので、参考にすると良いでしょう(参考サイト:法務省 商業・法人登記 Q&A)。

 

▼こちらもおすすめ:【会社設立後・登記後に必要な書類】何をどこに提出するの?

会社設立

【会社設立後・登記後に必要な書類】何をどこに提出するの?

会社設立後にも必要な書類はたくさんあります。開業直後は備品やOA機器など、書類の他にも用意するものが多いため、必要書類を事前に用意しておくとスムーズに事業が始められます! 今回は「どこに何を提出するのか」「添付する資料や提出期限はどのくらいか」「何のために提出するのか」を分かりやすく解説します。
cbsmiles.jp