よこはまCBsmiles−コミュニティビジネス支援事業
よこはまCBsmiles
HOMECB経営コラム > コミュニティビジネスにおける資金管理・調達法

コミュニティビジネスにおける資金管理・調達法

第3回 資金計画の立て方

中小企業診断士、横浜ビジネスエキスパート 森下 真一 氏

資金計画には、短期資金計画と長期資金計画があります。長期資金計画表は、事業の規模を広げていくために設備を増やすとか、事業所を新たに構えるとか、多額の資金が必要となる事を想定して作成するものであり、資金使途とその調達方法を記入します。先にご紹介した事業計画書の様式(ひな形)などに付属している資金計画表は、この長期資金計画表と考えてください。


一方、短期資金計画表は、一年間や数ヶ月といった短期間におけるおカネのながれを把握し、適正に管理するために作成します。注意していただきたいのは長期資金計画表と短期資金計画表は用途がまったく別のものということです。ですから、長期資金計画表を作成したからといって短期資金計画表を省略することはできないのです。


エクセルファイル見本を見てみましょう。ここでは、資金計画の項目として、大きく収入、支出、借入金、借入金返済に分けています。収入・支出欄への記入方法について、資金計画表と事業計画書で大きく異なる点は、資金計画表はあくまで現金の収入や支出がある月に記入するということです。ある月で売上があったとしても、入金は2ヶ月後という場合は、売上げがあった月の事業計画書の収入欄には記入しますが、資金計画表の収入欄には記入せず、2ヶ月後の収入欄に記入します。


見本はシンプルな形になっていますが、実際には、収入と支出はそれぞれ管理が必要な相手先別に項目をつくっておくと便利です。例えば、(1)収入として商品・サービス別に項目を立てておく、(2)入る頻度で項目を立てておく、等です。また、NPO法人であれば会費収入と事業収入、事業収入も毎月発生するものと一時的に発生するものとを分けて考えると良いでしょう。見本の表はイメージしやすくするために3ヶ月分を記載していますが、一ヶ月一枚でもかまいません。


追加する項目、各金額欄への、ご記入の際の注意事項は次の3つです。
以下、それぞれの説明をいたします。

  1. 時間
    前に触れたようにおカネの出入りと事業の実際とは異なる場合があります。例えば収入の欄に商品の売上やサービスの利用料金が入るわけですが、仮にお客様との間で掛売りをしていたとします。多くの企業での取引は一定期間で締めて何日か後の支払日に一括して支払う方法(※)をとっています。また、前に例として挙げた介護保険等保険適用事業も実際におカネが入ってくるのは2ヵ月後です。このように売上計上日と入金日が異なる場合が多いので、取引先や商慣行などの通例を確認し、該当する月に記入してください。

    ※企業間信用と呼ばれます。例としては月末締めの翌月末払い等で、この条件のことを支払いサイトと呼んだりします。

  2. おカネの性格
    これは「そのおカネが誰の所有物であったか」、「入金であれば売上なのか借入なのか」をきちんと把握することです。時々見られるのが、個人やきわめて親しい人達だけで運営(経営)している時におカネが足りなくなったからと、社長や理事長が個人のおカネを支払いにまわすことがあります。実際の運営でこうした事が起こることはある意味仕方のないことかもしれませんが、このような場合には、たとえ社長のおカネであっても、その会社(事業体)のおカネではないので、借入ということになります。

  3. 日々の経費
    日々事業活動を行うにあたって必要となる細かな経費をきちんと見積もっておくことです。事務所を借りているのであれば当然家賃がかかります。その他、水道・ガス・電気などの光熱水費や電話代、従業員や有給のスタッフがいればその給与、交通費、通信費等です。
    仕事柄、事業計画書とそれに付随する資金計画とを拝見する機会が多いのですが、「この団体はどうやって運営していくのだろう?」とか「社長はどうやって食べていくのだろう?」と疑問に思うことが少なくありません。他にアルバイトをしたり、別の収入があったり、蓄えがたくさんあるので収入がなくてもやっていけるのかというと、そうではないケースがほとんどです。事業は、継続して初めて認知され信頼されるものです。ましてコミュニティビジネスのように地域に根ざした事業であればなおさらです。“おカネが続かないから電話が通じなくなった。”“お店や事務所にヒトがいない。”ではせっかくのお客様も遠ざかってしまいます。お店であれば、営業時間中は開店していて、対応するスタッフがいる。事務所であればやはり時間内には問い合わせ等に対応する事務員がいることは重要なことです。留守番電話や電話転送などでの対応は可能ですが、問い合わせにはできるだけ速やかに対応する必要があります。仮に事業を始める方に蓄えがあり、足りなくなったら自分が持ち出すという場合は、上記2のように個人からの借入としなければなりません。

収入や経費を含め、月々の収支を記入していく際には、黙っていても出て行くおカネを先に計算し記入しておきます。その上で事業の経費としての仕入れや臨時の人件費、会場費などの費用を加え(この部分は事業計画の中で作っておきます)、収入は最後に記入する、といった順番が良いでしょう。


エクセルファイル事業計画書、資金計画表の見本はこちらから >>

次のコラムへ
間仕切り
ページトップへページトップへ
サイトマッププライバシーポリシー
CBsmilesロゴ
よこはまCBsmiles
TEL:045-212-9213 FAX:045-222-6502
横浜市中区住吉町2-26 洋服会館2F
(C) Copyright 2007 よこはまCBsmiles - 市民セクターよこはま