よこはまCBsmiles−コミュニティビジネス支援事業
よこはまCBsmiles
HOME事例紹介 > 特定非営利活動法人あいあい

事例紹介

子育て・育児

特定非営利活動法人あいあい                         更新日:2009/04/17

H17 チャレンジコミュニティビジネス支援事業 助成対象事業
間仕切り
所在地
〒222-0025
横浜市港北区篠原西町18-17
T・Hビル1階A号室
TEL045-402-3612
FAX045-402-3612
E-Mailwelcome-aiai@ezweb.ne.jp
URLhttp://aiai.kenkenpa.net/
写真
(クリックで拡大)
画像
団体の概要 フリガナ  :オオバ カヨコ
代表者名  :大場 佳代子
設立年月日 :平成16年10月
主な活動地域:横浜市港北区
活動の目的地域で子育てをしている家族に、必要とされるサポートを提供しています。
障がいや病気のある子どもがいる家庭に対しては、その兄弟姉妹を一時預かることで、家族全体をサポートすることをめざしています。また、障がいの有無にかかわらず、子どもたちが幼稚園や保育園での集団生活にスムーズにとけ込めるよう、集団遊びの体験プログラムや母親同士の交流サロンを提供し、子どもの社会性の発達や親子の不安解消をはかっています。
事業内容

周辺の外科・内科などとも協力体制がありますので、不意の体調不良やけがの場合にも安心です。


・病児・障がい児の兄弟姉妹(小学生まで)の一時預かり事業:

ご家族が治療や療育に集中出来るよう、病児・障がい児を兄弟姉妹に持つ小学生までをお預かりします。個人の特性に合わせたきめ細やかな対応を心がけています。(一般家庭の小学生までのお預かりにも対応しています)


・「はじめのいっぽ」事業:
幼稚園・保育園への入園前の幼児を対象に、集団生活に慣れるための講座を開催しています。親同士の交流サロンや公園遊び体験など、親からの要望が多いメニューも自由に参加できます。
起業のきっかけ
現在までの経緯
きっかけは、子育て支援ボランティアを通して、障がい児や病児を抱える家庭において発育期に親と十分な時間を過ごせずに情緒不安定になった兄弟姉妹のケースを目の当たりにしたことでした。障がい児だけでなくその兄弟姉妹も含めた家族全体を支援したいと考え、一緒に活動していた仲間同士でNPO法人を立ち上げました。事業を通して、社会性が未発達で集団生活になじめない子どもが多いという新たな課題が見えてきたため、平成18年より不安解消の講座やサロンも開始。今、社会的意義がある事業を継続していくために法人として収益を確保することの重要さを感じています。
ひとことPR“あいあい”に、指導や訓練はありません。会員とスタッフが一緒に子どもの成長を見守り、子育ての経験を話したりする中で、お母さん達が子育て年齢を重ねていくことを目的にしています。主婦が「プロである子育ての経験」を、社会に生かしていく場です。応援してくださる団体やともに活動してくださる仲間を募集しています。
間仕切り
ページトップへページトップへ
サイトマッププライバシーポリシー
CBsmilesロゴ
よこはまCBsmiles
TEL:045-212-9213 FAX:045-222-6502
横浜市中区住吉町2-26 洋服会館2F
(C) Copyright 2007 よこはまCBsmiles - 市民セクターよこはま