よこはまCBsmiles−コミュニティビジネス支援事業
よこはまCBsmiles
HOME事例紹介 > SODA株式会社

事例紹介

子育て・育児

SODA株式会社                                   更新日:2009/10/22

平成20年度チャレンジコミュニティビジネス支援事業助成対象事業
間仕切り
所在地
横浜市都筑区
TEL045-489-4339
FAX045-489-4349
E-Mailinfo@so-da.biz
URLhttp://www.e-soda.jp/
写真
(クリックで拡大)
画像
団体の概要 フリガナ  :タカシマ ヨシミ
代表者名  :高島 好美
設立年月日 :2008年4月
主な活動地域:都筑区
活動の目的外国人講師とバイリンガル日本人アシスタントと一緒に英語を学校内の生活言語として定め、英語で生活をすることで自然に英語を聞き、話し学ぶことで理解できるようになることを一つの目的とします。英語での生活に英語で楽しみ遊びながらお子様を預かるカリキュラム内容を提供することで、幼稚園待機児童を持つ保護者や保育園に行きながら働く主婦のニーズにこたえる施設を提供し地域の課題である待機児童の減少に貢献することを目的としています。
事業内容地域密着型 英語による幼児保育・習い事併設の学童保育施設の運営。英語で学べる習い事併設の託児・保育・学童の総合空間を提供します。
起業のきっかけ過去の職務である多年齢対象の英語教室と、川崎市のわくわくプラザ(学童廃止後の受け入れ施設)での実績と経験を生かし、今の子どもたちにとって一番必要な「安全に過ごせる居場所づくり」をすることで、保護者が安心して仕事をしていただけるような環境を提供したく事業開始を決意しました。ただ預かるだけの従来の学童や託児施設ではなく、英語環境を中心としたスキルアップのための教育や、学童などに行くとなかなか学べないさまざまな習い事を校内で提供し保護者の仕事を理由に子どもたちが学べない環境をサポートします。さらには、地域の住民(特に高齢者など)が今までに培ったスキルを子どもたちに教え伝えられるような場として存在したく、高齢者と子どもたちがお互いに目的のある存在として交流ができるような企画展開も行いたいです。その他、時代や地域事情に合わせて常に「ユーザーである親と子のニーズ」に合うサービスを提供したいです。また地域の住民への情報の場やサークルなどへの場所提供を行いたいです。
ひとことPR施設内に習い事や地域の方が利用できるようなスタジオを設け、お子様だけでなく、地域住民の交流と場となるような環境作りをイメージした内装をしました。
開設前より地域のイベント団体などと交流を持ち、活動を地元に定着できるような活動をしました。 
間仕切り
ページトップへページトップへ
サイトマッププライバシーポリシー
CBsmilesロゴ
よこはまCBsmiles
TEL:045-212-9213 FAX:045-222-6502
横浜市中区住吉町2-26 洋服会館2F
(C) Copyright 2007 よこはまCBsmiles - 市民セクターよこはま