よこはまCBsmiles−コミュニティビジネス支援事業
よこはまCBsmiles
HOME事例紹介 > 花が楽しめる「花花カフェ」

事例紹介

介護・福祉

∼財団法人横浜YWCAと精神保健福祉ボランティアグループかもめサポートの協働運営∼

花が楽しめる「花花カフェ」                         更新日:2009/04/03

H20チャレンジコミュニティビジネス支援事業 助成対象事業
間仕切り
所在地
横浜市中区 横浜YWCA会館
TEL045-681-2903
FAX045-662-0926
E-Mailoffice-yokohama@ywca.or.jp
URL横浜YWCAホームページhttp://www16.ocn.ne.jp/~ywca/
写真
(クリックで拡大)
画像
団体の概要 申請者   :財団法人横浜YWCA
フリガナ  :カラサキ トキヨ
代表者名  :唐崎 旬代
設立年月日 :1913年
主な活動地域:横浜市中区と周辺地域

「花花カフェ」は財団法人横浜YWCAと社会保健福祉ボランティアグループ「かもめサ ポート」の協働運営です。
活動の目的精神障がいをもつ女性を支援するボランティアグループと協働で、そのような女性た ちが家に閉じこもりがちである現状を打開する事を目的としています。
事業内容YWCA会館を事業の場として提供し、就労(社会復帰)支援のためのカフェ事業を行い ます。精神の安定につながる生花も取扱商品とし、カフェでの接客を通じた就労トレーニングの場を提供することで、障がいをもつ女性たちを支援する事業です。
起業のきっかけ「花が楽しめる「花花カフェ」」は、精神保健福祉ボランティアグループ「かもめサ ポート」と横浜YWCAの出会いから生まれました。中区の統計では男性の精神障害者が 女性の3倍です。そんな中、かもめサポートは家族や支援者の中に閉じこもりがちな 女性たちが、もっと安心して外に出られるような場が必要と13年間活動を続けてきま した。一方、横浜YWCAは女性の社会的自立を使命として93年間ボランティア活動をし てきました。そこで私たちは就労支援の一環としてYWCA会館を利用し、1階に喫茶店 を開き、多くの人と接するスキルを身につけよう!と約2年の時間をかけて準備をす すめてきました。2009年3月26日の開業を目指し、みんなでお茶の入れ方を覚え、役 割を分担し、接客スキルの研修を積み重ねています。
ひとことPR立ち上げるための当事者との話し合いで、復帰のため長時間勤務することにより再発 してしまうことが多いことがわかり、とにかく長く続けられるように「週10時間働く」ことを最初の目標としています。医療と行政の支援施策との間におかれた人の支 援と考えています。なれてきた人は少しずつ時間を増やし、週2回の営業時間をふや していったり、周辺オフィスに向けランチが販売できればなどの夢を描いています。 もう一つはフラワーアレンジや花束の販売です。「かもめサポート」では以前から地 域の方々との交流や当事者のスキルアップのためにフラワーアレンジ講習会を開いて きました。生花に触れると精神安定上も効果的です。今まで身につけたスキルも活か し、新しい喫茶店が都会のオアシスになればとミニアレンジを販売したり、お茶を飲 む時に緑が多く目に入るよう工夫しています。
間仕切り
ページトップへページトップへ
サイトマッププライバシーポリシー
CBsmilesロゴ
よこはまCBsmiles
TEL:045-212-9213 FAX:045-222-6502
横浜市中区住吉町2-26 洋服会館2F
(C) Copyright 2007 よこはまCBsmiles - 市民セクターよこはま